・芭蕉全発句・ 冬

腰痛 通販

百人一首 /西行恋うた /Home
 
旅に病んで 夢は枯野を かけめぐる 

ケータイ芭蕉全発句 

その他


   冬の部

遊び来ぬ鰒釣りかねて七里まで

あら何ともなや昨日は過ぎて河豚汁

霰聞くやこの身はもとの古柏

霰せば網代の氷魚を煮て出さん

霰まじる帷子雪は小紋かな

有明も三十日に近し餅の音

いかめしき音や霰の檜木笠

生きながら一つに氷る海鼠かな

いざ子供走りありかん玉霰

いざ行かむ雪見にころぶ所まで

石山の石にたばしる霰哉

市人よこの笠売らう雪の笠

いづく時雨傘を手に提げて帰る僧

五つ六つ茶の子にならぶ囲炉裏哉

いらご崎似るものもなし鷹の声

魚鳥の心は知らず年忘れ

↑もくじ゚へ      

埋火も消ゆや涙の烹ゆる音

埋火や壁には客の影法師

馬をさえ眺むる雪の朝かな

海暮れて鴨の声ほのかに白し

恵比須講酢売に袴着せにけり

馬方は知らじ時雨の大井川

梅椿早咲き褒めん保美の里

幼名や知らぬ翁の丸頭巾

小野炭や手習ふ人の灰ぜせり

御命講や油のような酒五升

面白し雪にやならん冬の雨

折々に伊吹を見ては冬籠り

かくれけり師走の海のかいつぶり

笠もなきわれを時雨るるかこは何と

被き伏す蒲団や寒き夜やすごき

徒歩ならば杖突坂を落馬かな

瓶割るる夜の氷の寝覚め哉

乾鮭も空也の痩も寒の中

雁さわぐ鳥羽の田面や寒の雨

借りて寝ん案山子の袖や夜半の霜

↑もくじ゚へ      

枯枝に烏のとまりたるや秋の暮

寒菊や醴造る窓の前

寒菊や粉糠のかかる臼の端

菊の後大根の外更になし

きみ火をたけよき物見せん雪丸げ

狂句木枯しの身は竹斎に似たるかな

京に飽きてこの木枯や冬住ひ

今日ばかり人も年寄れ初時雨

京まではまだ半空や雪の雲

きりぎりす忘れ音に啼く火燵哉

金屏の松の古さよ冬籠り

草枕犬も時雨るるか夜の声

薬飲むさらでも霜の枕かな

鞍壷に小坊主乗るや大根引

暮れ暮れて餅を木魂の侘寝哉

黒森をなにといふとも今朝の雪

けごろもにつつみて温し鴨の足

今朝の雪根深を園の枝折哉

↑もくじ゚へ      

口切に堺の庭ぞなつかしき

消炭に薪割る音かをのの奥

氷苦く偃鼠が喉をうるほせり

木枯に岩吹きとがる杉間かな

こがらしや頬腫痛む人の顔

凩に匂ひやつけし返り花

こがらしや頬腫痛む人の顔

木枯しや竹に隠れてしづまりぬ

この海に草鞋捨てん笠時雨

古法眼出どころあはれ年の暮

米買ひに雪の袋や投頭巾

これや世の煤に染まらぬ古合子

ごを焚いて手拭あぶる寒さ哉

さし籠る葎の友か冬菜売り

寒けれど二人寝る夜ぞ頼もしき

さればこそ荒れたきままの霜の宿

三尺の山も嵐の木の葉哉

塩鯛の歯ぐきも寒し魚の店

塩にしてもいざ言伝ん都鳥

萎れ伏すや世はさかさまの雪の竹

↑もくじ゚へ      

しぐるるや田の新株の黒むほど

時雨をやもどかしがりて松の雪

しのぶさへ枯れて餅買ふやどりかな

柴の戸に茶を木の葉掻く嵐かな

霜枯に咲くは辛気の花野哉

霜の後撫子咲ける火桶哉

霜を踏んでちんば引くまで送りけり

錠明けて月さし入れよ浮御堂

少将の尼の話や志賀の雪

水仙や白き障子のとも移り

煤掃は己が棚つる大工かな

煤掃は杉の木の間の嵐哉

須磨の浦の年取り物や柴一把

住みつかぬ旅の心や置炬燵

節季候の来れば風雅も師走哉

節季候を雀の笑ふ出立かな

せつかれて年忘れする機嫌かな

芹焼や裾輪の田井の初氷

雑水に琵琶聴く軒の霰かな

↑もくじ゚へ      

袖の色よごれて寒し濃鼠

その形見ばや枯れ木の杖の長

その匂ひ桃より白し水仙花

鷹一つ見付けてうれし伊良湖崎

茸狩やあぶなきことに夕時雨

旅に病で夢は枯野をかけ廻る

旅寝して見しやうき世の煤はらい

旅寝よし宿は師走の夕月夜

旅人とわが名呼ばれん初しぐれ

ためつけて雪見にまかる紙子かな

たわみては雪待つ竹の気色かな

千鳥立ち更け行く初夜の日枝颪

長嘯の墓もめぐるか鉢叩き

作りなす庭をいさむる時雨かな

月白き師走は子路が寝覚め哉

月花の愚に針立てん寒の入り

月やその鉢木の日のした面

↑もくじ゚へ      

月雪とのさばりけらし年の暮

露凍てて筆に汲み干す清水哉

霜を着て風を敷き寝の捨子哉

白炭やかの浦島が老の箱

たふとさや雪降らぬ日も蓑と笠

磨ぎなほす鏡も清し雪の花

年暮れぬ笠きて草鞋はきながら

年の市線香買ひに出でばやな

なかなかに心をかしき臘月哉

納豆切る音しばし待て鉢叩き

何にこの師走の市にゆく烏

難波津や田螺の蓋も冬ごもり

波の花と雪もや水の返り花

なりにけりなりにけりまで年の暮

庭掃きて雪を忘るる帚かな

盗人に逢うた夜もあり年の暮れ

↑もくじ゚へ      

葱白く洗ひたてたる寒さ哉

箱根こす人も有るらし今朝の雪

初時雨猿も小蓑を欲しげなり

初時雨初の字を我が時雨哉

初雪に兎の皮の髭作れ

初雪やいつ大仏の柱立

初雪や懸けかかりたる橋の上

初雪や幸ひ庵にまかりある

初雪や水仙の葉のたわむまで

初雪や聖小僧が笈の色

花みな枯れてあはれをこぼす草の種

蛤の生けるかひあれ年の暮

半日は神を友にや年忘れ

一尾根はしぐるる雲か富士の雪

ひごろ憎き烏も雪の朝哉

一時雨礫や降って小石川

一露もこぼさぬ菊の氷かな

↑もくじ゚へ      

人に家を買はせて我は年忘れ

人々をしぐれよ宿は寒くとも

屏風には山を画書いて冬籠り

比良三上雪さしわたせ鷺の橋

琵琶行の夜や三味線の音霰

貧山の釜霜に鳴く声寒し

二人見し雪は今年も降りけるか

振売の雁あはれなり恵美須講

旧里や臍の緒に泣く年の暮

冬籠りまた寄りそはんこの柱

冬知らぬ宿や籾摺る音霰

冬庭や月もいとなる虫の吟

冬の日や馬上に凍る影法師

冬牡丹千鳥よ雪のほととぎす

分別の底たたきけり年の昏

星崎の闇を見よとや啼く千鳥

↑もくじ゚へ      

まづ祝へ梅を心の冬籠り

皆出でて橋を戴く霜路哉

皆拝め二見の七五三を年の暮

宮守よわが名を散らせ木葉川

麦生えてよき隠れ家や畑村

物書きて扇引さく余波哉

もののふの大根苦しき話哉

山城へ井出の駕籠借る時雨哉

雪散るや穂屋の薄の刈り残し

雪の朝独り干鮭を噛み得タリ

雪や砂馬より落ちよ酒の酔

雪を待つ上戸の顔や稲光

↑もくじ゚へ      

夜着は重し呉天に雪を見るあらん

夜着ひとつ祈り出して旅寝かな

夜すがらや竹氷らする今朝の霜

雪散るや穂屋の薄の刈り残し

雪と雪今宵師走の名月か

雪や砂馬より落ちよ酒の酔

行く雲や犬の駆け尿村時雨

夢よりも現の鷹ぞ頼もしき

留守のまに荒れたる神の落葉哉

炉開きや左官老い行く鬢の霜

忘れ草菜飯に摘まん年の暮

↑もくじ゚へ      

↑ページトップへ



万年大吉おみくじ
友達にメールで教える

Copyright © UTAKURA. 2009.